腸内で体臭をつくり出す悪玉菌とは?

腸内には、腸内環境を整える善玉菌と、有害物質や毒素をつくり出す悪玉菌が存在しています。
日頃からバランスの取れた食生活を心がけ、規則正しい生活をおくっていれば自然と腸内環境が整い、悪玉菌が増えてトラブルとなることはほとんどありませんが、栄養の偏った食事や不規則な生活、ストレスなどから腸内で悪玉菌が増えてしまい、様々な悪症状を引き起こすことがあります。
また、腸内環境を整える食物繊維の不足や運動不足、加齢なども悪玉菌を増やす原因となっています。


腸内に悪玉菌が増えると、悪玉菌がつくり出す匂い物質によって便の匂いがキツくなったり、便秘になったり、肌荒れや小じわなどが増えることがあります。
それだけでなく、体内に排出された匂い物質が血液中を流れ、体中に行き渡ることで体からイヤな匂いを発するようになり、体臭が気になりはじめます。


特に気をつけたいのは便秘になりやすい女性で、悪玉菌が増えて便秘となると腸内に溜まった便を栄養素として悪玉菌がさらに増えるということです。
悪玉菌が増えれば便秘はさらに悪化するため、悪循環を繰り替えることとなりますので便秘の症状がある場合は要注意です。


このような症状や、悪玉菌によってつくり出される体臭を予防するには、悪玉菌を減らし、腸内環境を良くする善玉菌を増やすことが最も効果的です。
悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすために積極的に摂りたい食べ物は、食物繊維やオリゴ糖を多く含むもの、発酵食品などです。


緑黄色野菜や芋類、豆類、キノコ類、海藻類といった食品には食物繊維が多く、腸内の毒素や匂い物質を吸収して体外へ排出してくれます。
また、ヨーグルトやチーズ、納豆といった発酵食品には善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれる乳酸菌やビフィズス菌が多く含まれています。
バナナや大豆に多く含まれるオリゴ糖は善玉菌の栄養源となるため、意識して取り入れて腸内の善玉菌を増やし加齢臭対策しましょう。

ホームページ テンプレート フリー

Design by

TO TOP