体臭や口臭からわかる病気とは?

匂いや体臭に敏感な現代人にとっても、特に気になる匂いを代表するものに口臭が挙げられます。
口は、食事を摂ったり、飲み物を飲んだりする大事な部分で、面倒だからといって歯磨きを怠ると匂いが出やすくなります。
しかし、口内は殺菌力のある唾液によって衛生が保たれている場所のため、規則正しい生活をおくっていればそれほど匂いが気になることはありません。


匂いの主な原因は口内で繁殖する雑菌にあり、何らかの理由で唾液の分泌量が減ることで引き起こされることがほとんどです。
そのため、匂いが気になる場合は、食生活や生活習慣を見直して、口内が乾燥しやすい要因をつくらないようにすることが肝心です。
また、歯周病が匂いの原因ともなるため、気になる場合は早めに歯科で診てもらうことが大切です。


ただ、思い当たることが無いのに口臭がキツい、悪臭がするという場合は口内ではなく、体の他の場所で何か異常が起きている可能性があります。
口臭の原因で、唾液の分泌量の低下や歯周病の次に可能性が高いのが胃腸病です。
お酒が老化と体臭を招くってホント?でも紹介しています。

忙しくストレスを抱えやすい現代人は特に胃炎や胃腫瘍などになりやすく、病気にかかることで消化不良を引き起こして匂いの原因をつくり出します。
胃腸系の病気はそのほとんどがストレスが原因とされていますが、他にも睡眠不足や偏食、暴飲暴食、便秘などが挙げられます。


また、肝臓は腸内でつくり出された匂い物質などを分解する働きがありますが、慢性肝炎など肝臓病によって機能が低下すると、分解できずに血液に送り込まれた匂い物質が口臭や体臭となって現れます。
他に、糖尿病になると唾液の分泌量が減るため喉の乾きを覚えたり、甘酸っぱい口臭や体臭が出やすくなります。
同様に腎臓病の場合はアンモニア臭、そして、呼吸器系の病気の場合は生臭い悪臭が出ることもあります。


このように、口臭は口内の唾液の分泌量や歯周病といったものだけでなく、体に起こっている様々な病気が原因となることがありますので、ちゃんと歯を磨いて規則正しい生活をしているのに匂いが’気になるという場合は、できるだけ早めに医師の診断を受けるようにしましょう。

ホームページ テンプレート フリー

Design by

TO TOP