体臭や口臭防止に効果的な口腔ケアの仕方

他人の匂いも自分の匂いも気になる代表的な体臭に口臭があります。
大抵の場合、歯磨きが十分でなかったり、コーヒーなどの飲み物によって口内が乾燥し雑菌が繁殖しやすくなることが原因ですが、偏った食生活やストレス、睡眠不足なども匂いに大きく影響します。


そのため、外出時や人と話す時には、匂いで不快感を与えてしまうことのないよう日頃から口腔ケアを心がけて匂いが出ないようにすることが大切です。
腸内で体臭をつくり出す悪玉菌とは?のページでも紹介しています。

体臭や口臭の最大の原因は、殺菌作用のある唾液の分泌量が減ってしまうことにありますので、規則正しい食生活で唾液の分泌を促したり、こまめに水分補給をして口内が乾燥しないようにすることが重要です。
特に、就寝中は唾液の分泌量が減るため雑菌が繁殖しやすくなり、朝起きた時に匂いが気になることがありますが、時間がない、ダイエット中といった理由から朝食を抜くことで唾液が分泌されず、口内が乾燥した状態になると体臭や口臭を発しやすくなりますので注意しましょう。


また、口臭の原因と一つとされるものに、舌の表面に付着した舌苔があります。
舌苔は、口内の最近や剥がれた上皮細胞などが付着したもので、増え過ぎることでイヤな匂いのもととなります。
一般に、舌苔が増えやすい状態として、歯磨きなどを怠って口内の洗浄が十分でない場合、暴飲暴食や夏バテによって胃腸の調子が悪い場合、口呼吸などによって口内が常に乾燥した状態にある場合などが挙げられます。


匂いや舌苔の量が気になった場合には、専用の舌クリーナーやガーゼ等の柔らかい布を使って、舌をキレイにしてあげるようにしましょう。
歯ブラシなどで強くこすると味覚障害を起こすことがあるため、ポイントは柔らかい素材のもので優しくこすること、そして掃除頻度は週一回程度を目安にします。

ホームページ テンプレート フリー

Design by

TO TOP