お茶系飲料が体臭・口臭防止に効く理由とは?

食事と一緒に飲んだり、喉の乾きを癒すのにピッタリのお茶、実は体臭防止にも良いとして注目されています。
一般に幅広く飲まれているお茶には、緑茶をはじめ、烏龍茶や紅茶などいくつかの種類がありますが、基本的にお茶と呼ばれる飲み物の原料はほとんど同じで、加工法の違いによってこのように呼び方が異なります。


お茶を代表とする緑茶、烏龍茶、紅茶などには、全てカフェインやカテキン、アミノ酸が含まれています。
ポリフェノールの一種であるカテキンは、抗酸化作用が高く体内で匂い物質がつくられるのを防いだり、口の中の雑菌に対する殺菌作用にも優れています。


中国や日本をはじめ、海外においても食後に緑茶や紅茶をいったお茶を飲む文化がありますが、これはお茶が持つ消臭作用を利用した天然の体臭・口臭予防ともいえるものです。


口臭が気になる場合は、お茶を食後に飲むことで匂い防止になります。
また、烏龍茶には虫歯や歯周病の原因となる菌の繁殖を抑える成分と呼ばれる成分が多く含まれるため、虫歯予防として飲むのも効果的です。


気になる体臭・口臭防止を目的で選ぶなら、緑茶、烏龍茶、紅茶の順に消臭効果があるため、普段の食事の後や休憩時間などに飲むと、手軽に匂い予防ができます。


また、匂い防止に良いとされるアルカリ性食品を代表する梅干しは、古くから万病に効くとして利用されてきた食品で、その強力な殺菌作用や消臭作用でよく知られています。
梅干しは口臭予防にも効果的ですので、腸内で体臭をつくり出す悪玉菌とは?でも紹介してますが、普段の食事にも積極的に取り入れましょう。

ホームページ テンプレート フリー

Design by

TO TOP