生活習慣と体臭口臭の関係

普段の生活の中で体から出る気になる体臭と言えば、汗の匂いやワキの下の匂い、頭皮や髪の毛、口臭、足の匂いなどが挙げられます。
その中でも、社会人としてのエチケットとしてきちんとケアしたいのが口臭です。
腸内で体臭をつくり出す悪玉菌とは?でも紹介しています。


唾液には殺菌力があるため、唾液の分泌が正常に機能していれば口内の雑菌の繁殖が抑えられるため、匂いもほとんど気になりません。
朝起きた時に匂いが気になることがありますが、これは誰にでも起こることで、就寝中は唾液の分泌量が減り雑菌が繁殖しやすくなるためです。


しかし、口臭が起こる原因はそれ以外にもあり、食生活の乱れや不規則な生活によって匂いをキツくしてしまうことがあります。
口臭を防止する上で最も重要なことは、唾液の分泌を減らさないことです。
しかし、朝起きて口内が乾燥しているのに朝食を抜いたり、水分補給ができず唾液量が減ってしまうことで匂いが発生しやすくなるため、体臭や口臭が気になるという場合は、まず、普段の食生活や生活習慣を見直してみることが大切です。


体臭や口臭を出しやすいタイプとして、次のような項目に当てはまる人は要注意です。
少しでも該当するようであれば、匂い防止のために生活習慣の改善を心がけるようにしましょう。
■朝食を食べない
■柔らかい食べ物を好む、よく噛まない
■コーヒーをよく飲む、緑茶や紅茶よりもコーヒーが好き
■水をあまり飲まない
■エアコンの効いた室内にいることが多い
■夜遅くまで起きていることが多い
■ストレスを溜めやすい
■話すことが少ない
■気が付くと口が開いた状態ということが多い

ペニス増大が増大した話はこちら>>

ホームページ テンプレート フリー

Design by

TO TOP